パソコンを起動すると勝手に特定のホームページが表示されてしまう。

今回の患者は、パソコンを起動するとインターネットエクスプローラーが起動して、アダルトサイトを表示するというものです。

どうやら、その種のサイトを閲覧した結果、上記のトラブルに遭遇したようです。PCには、NTT西日本のフレッツ光ププレミアムユーザーに無償提供される、セキュリティソフト(トレンドマイクロ ウィルスバスターのNTT西日本版)がインストールしてありました。

しかし、実際に確認するとセキュリティソフトのリアルタイムスキャン機能が働いていませんでした。

なんらかの原因で、セキュリティソフトの不具合が生じた状態で、今回のトラブルに遭遇したか、新種の不正プログラムがセキュリティソフトの稼働をブロックしているかのいずれかでしょう。

さて、大抵の場合は、不正プログラムがメモリに常駐している場合が多いので、タスクマネージャーを起動して、プロセスをチェック。早速[sexy-tool.com]という不審なプロセスを発見。プログラムのパスを確認後、プロセスを停止。
パスをたどって、プログラムを発見。DOSのプログラムで、隠しファイルになっていました。プログラムファイルを削除して、再起動すると、トラブルは解消できましたが、セキュリティソフトのリアルタイムスキャンは、稼働できません。

セキュリティソフトは、OS(Windows XP)に複雑に組み込まれるため、修復するより、再インストールの方が簡単で確実なためセキュリティソフトをアンインストールして、再インストールしました。

お客様に、まだ不正なプログラムが残っているかも知れないので、自宅でセキュリティソフトの検索作業を最初に行っていただくようお願いして診察・処方を完了しました。

ドクターから一言:
■インターネットを利用する場合は、必ずセキュリティソフトを利用すること。
■しかし、正常に稼働しているかを常にチェックすること。正常稼働していない場合は、インターネットの利用を控えて、セキュリティソフトの再インストールを行いましょう。作業方法がわからないときは、セキュリティソフトメーカーに問い合わせるか、専門家に相談しましょう。
■不正プログラムは、メールで来るわけではありません。ホームページを閲覧している時の方が多いのです。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>